ラボ・Letter

【京都ノートルダム女子大学 現代人間学部 福祉生活デザイン学科】

生活科学(食物・衣服・住居・家族)、福祉の観点からQOLを研究・教育する学科ブログです
授業の様子、研究紹介、コラムなどを手紙(Letter)のように綴ります

NHK朝ドラ「半分青い」のインテリアについて(その1)

2018年06月19日

NHKの朝ドラ 「半分青い」をご覧になってられますでしょうか。

これに登場する、少女漫画家 秋風羽織氏のオフィスのインテリアを、(ストーリー以上に)とても興味深く楽しみに視聴しています。

このインテリアをチェックしていきたいと思います。

このオフィス「ティンカーベル」には、名作チェア、名作照明器具が何点かみられます。

名作といわれる椅子は、名前があり、誰がデザインしたかということが、インテリアの基礎知識として必要です。

今回「エッグチェア」を見ていきたいと思います。

リラクゼーションルームに登場するので見つけてください。


エッグチェアは1958年、アルネ・ヤコブセン(デンマーク)がSASロイヤルホテルのロビーとレセプションエリアのためにデザインしたものです。その名の通り卵をイメージした継ぎ目のないシェルで形作られています。張地は革、布、カラーは張地によって黒、茶、赤、青、紫、、、などいろいろあります。

テレビドラマや宣伝でも結構よく登場します。(かつて、福山雅治がビールの宣伝で紫のエッグチェアに座っていました。)

椅子の歴史は材料の進歩と深く関連しています。エッグチェアは硬質発砲ウレタンを初めて採用した椅子としても有名です。

本学科の「インテリアデザインラボ」にもエッグチェアがあります。




ラボには椅子が数種ありますがこれは、学生の一番人気です。
通称、「座るとひとり(孤独)になれる」椅子です。卵の殻状にサイドが覆われているため、周囲が気になりにくく、安らぐとのこと。

ヤコブセンはエッグチェアの他に、スワンチェア(名の通り白鳥が羽を広げた形状の椅子)も有名です。 
                                         by住環境研究室 竹原 (つづく)

  

Posted by 京都ノートルダム女子大学 現代人間学部 福祉生活デザイン学科

食品官能評価演習 (卵黄の色味) 

2018年06月16日

卵黄カラーチャートは卵黄の色見本です。NO1~15までの段階があります。

卵黄の色は、飼料中のカロテノイドの種類や量を変えると変わります。

トウモロコシを多く与えるときれいな黄金色となり、赤いパプリカやアスタキサンチンなどを与えると赤身が強くなり濃くなります。

色が濃いからといって栄養価が高いということではありません。

パックで売られている卵は、NO.10~12の色が多いです。

写真は、カラーチャートで卵黄の色を見ているところです。

卵黄測色

  

Posted by 京都ノートルダム女子大学 現代人間学部 福祉生活デザイン学科 │ ピックアップ授業

アパレル造形学で浴衣(ゆかた)の製作 (その2)

2018年06月15日

ゆかたの製作の続きです。

本日は、衿付けです。

本来は手縫いですが、授業ではミシンを使っています。

全体(アパレル造形様子)


和服の各部名称はこの図の通りです。(引用:京染卸商業組合HP  www.kyozome.info,/より)
和服名称

正しく衿がつけれたかどうか、試着して確認します。 

試着1

  

Posted by 京都ノートルダム女子大学 現代人間学部 福祉生活デザイン学科 │ ピックアップ授業

食品官能評価演習 (鶏卵の鮮度) その2

2018年06月14日

鶏卵の鮮度の測定方法について、続きです。

HU値以外に、鮮度を見分け方として、卵黄係数(卵黄の高さ/卵黄の直径)があります。

卵黄係数が小さいほど、鮮度が低下していると判断されます。

写真は、物差しで卵黄の高さを測定しているところです。

卵鮮度測定






  

Posted by 京都ノートルダム女子大学 現代人間学部 福祉生活デザイン学科 │ ピックアップ授業

社会福祉実習報告会

2018年06月13日

社会福祉援助技術現場実習報告会を実施しました。

社会福祉士としてプロをめざす学生たちによる報告会で、実習での学びや気づきを報告します。

報告会は二部構成で、

第一部は、福祉施設の現場実習の指導者の方々より、「配慮を必要とする実習生の問題と対処方法」について意見をいただきました。

第二部は、学生による実習報告です。(社会福祉協議会実習、就労移行支援・就労継続支援事業所、特別養護老人ホーム)

報告会2



この夏に実習予定の下級生との間での、活発な質疑応答もみられました。

報告会1


お忙しい中ご来校いただきました実習指導者の方々に感謝するとともに、夏実習に向かう下級生たちの目の色がどんどん意欲的になっていく様子に報告会の意義と大切さを強く感じました。  

Posted by 京都ノートルダム女子大学 現代人間学部 福祉生活デザイン学科 │ 学外団体との連携

積水ハウス(株)住宅総合研究所 「納得工房」に行ってきました

2018年06月12日

「建築材料学の」授業で、積水ハウス「納得工房」へ見学に行きました。

納得工房2

環境性能コーナーで、ガラスの種類による遮熱、断熱性能の差を体験しました。

生涯住宅コーナーで、補助具を装着し段差の上り下りをする疑似高齢者体験をし、ユニバーサルデザインの必要性を認識しました。

収納コーナーでは、「使っている場所と、しまう場所を同じにすること」で散らかりにくい、楽に片づけできる住まいになることに気づきました。

最後に、茶の間キッチン、 キッチンレスキッチン、ナチュラルキッチンといった異なるコンセプトの3つのキッチンを比べて、ライフスタイルと住宅設計の関連を学びました。 またナチュラルキッチンは、床材に成長の早い竹を、壁は珪藻土を塗り、テーブルはウィスキー樽の再利用など、徹底した自然志向のこだわりを学びました。


研究所のため内部の撮影は許可されていませんので、http://www.sekisuihouse.com/nattoku/koubou/ 掲載の写真を引用します。
積水引用写真



  

Posted by 京都ノートルダム女子大学 現代人間学部 福祉生活デザイン学科 │ ピックアップ授業

児童発達支援センターでのフィールドワーク

2018年06月11日

「基礎演習Ⅲ」の授業では、学外研修として、衣、食、住、福祉に関する社会活動の実態を体験、見学します。

本日は、児童発達支援センターでのフィールドワークの様子を報告します。

5月~7月にかけて、児童発達支援センターでフィールドワークを行います。

学生は元気な子どもたちと楽しい午後の一時を過ごしました。

写真は子どもたちとブロック遊びやボール投げ、折り紙をして遊びをしている様子です。

児童福祉施設


学生は子どもたちに優しく声をかけ、子どもたちの生きる力を感じ取ることができました。

また、子どもの気持ちに寄り添った支援の必要性を学ぶことができました。  

Posted by 京都ノートルダム女子大学 現代人間学部 福祉生活デザイン学科 │ ピックアップ授業

本日のオープンキャンパス報告

2018年06月10日

大学で本日、オープンキャンパスが実施されました。

小雨が降る中にもかかわらず、多くの方にご参加いただきました。

ご参加されました皆様、ご来場いただきありがとうございました。

館内はにぎやかで盛況でした。

福祉生活デザイン学科では、模擬授業で、牛田先生が鏡を前に、ひとりひとりに、「似合う色」探しを、カラーコーディネートの知識を交えて実施されました。

繊維加工の体験として、「ハンカチを、インディゴ染め」する体験は、実験室で安川先生のご指導のもと、本格的な「染め」を体験していただきました。

作成中2


涼しさの演出として、「インテリアフレームを製作する」体験も賑わいました。造花の葉、花、小物を、透明の写真フレームにレイアウトし、グルーガンであしらっていく、という作業です。

作成中1

完成品は、この通りです(透明なフレームなので見えずらいですが) ひとりひとり個性的なものができあがりました。

作品2


次回のオープンキャンパスは7月15日(日)です。

大学での学びを体験できる、趣向を凝らしたイベントを企画します。ご来場ください。
  

Posted by 京都ノートルダム女子大学 現代人間学部 福祉生活デザイン学科 │ オープンキャンパス学科からお知らせ

6/10 オープンキャンパス告知(その3) 

2018年06月09日

6月10日(日)はオープンキャンパスを開催します。

福祉生活デザイン学科のイベントは、

●11:20~12:00 模擬授業 テレジア館2階 ファッションデザインラボ
 ”自分に似合う色をさがしましょう、カラーコーディネートの基礎” (牛田先生)

 希望者は、実演で似合う色をアドバイスしてもらえます。


●11:30~15:00 体験コーナー1 ユージニア館1階 ラーニングコモンズ

 ”初夏を爽やかに、インテリアアクセサリーの製作” (竹原) は、
 写真のような、フレームを作ります。
 氷を連想させる、透明なフレームに、トロピカルな葉などをあしらいます。

グリーンフレーム



●11:30~15:00 体験コーナー2 テレジア館2階 テキスタイル実験室

 ”暮らしの中のカラーリング” (安川先生) は、
 白いハンカチを、インディゴ染め(ブルー)に染め上げる体験をします。

ハンカチ染


学科展示ブースも充実しています。ご参加ください。
  

Posted by 京都ノートルダム女子大学 現代人間学部 福祉生活デザイン学科

食品官能評価演習 (鶏卵の鮮度) その1

2018年06月07日

本日は加藤先生の、「鶏卵の鮮度」を測定する実習を紹介します。

鶏卵の品質を判定する指標のひとつ、「HU値」 を測定しているところです。

濃厚卵白の「厚み」と「重量」から求めます。写真は卵白の厚みをノギスで測定しているところです。

卵鮮度測定

「ハウ単位」というのは、アメリカのハウ(Haugh)という研究者が1937年に濃厚卵白の形態変化に、重量変化を組み合せて「濃厚卵白の劣化度を表す指標」として考案した単位のことです。HU値が60以上ならば、A級(高級品位)=新鮮です。

普段、古くなった卵は、割卵した時に卵白が広がる面積が大きいですね。

しかし、小さな卵と大きな卵とでは、単純に比べられないので、重量も用いて、換算表からHU値を求めることができます。

これ以外にも、卵の鮮度を見分ける方法はいろいろとあります。 (続く)
  

Posted by 京都ノートルダム女子大学 現代人間学部 福祉生活デザイン学科 │ ピックアップ授業