ラボ・Letter

【京都ノートルダム女子大学 現代人間学部 福祉生活デザイン学科】

生活科学(食物・衣服・住居・家族)、福祉の観点からQOLを研究・教育する学科ブログです
授業の様子、研究紹介、コラムなどを手紙(Letter)のように綴ります

粉を利用したカステラの物性と嗜好性(ゼミ研究) #ノートルダム#大学

2018年12月18日

「"調理学"研究室」のゼミ研究を紹介します。

研究タイトルは「米粉を利用したカステラの物性と嗜好性」

ぐりぐら


主食として日本を支えてきた「米」の消費量が年々減少傾向にあります。一方、パンや麺の原料である小麦はそのほとんどを輸入に頼っており、世界的な食料需給(生産と消費)の影響を受け、将来の安定供給に不安が生じています。

そのため、食料自給力の向上は喫緊の課題であり、その解決法のひとつとして「米粉」のパンや麺など様々な食品への活用が注目されています。

そこで、本研究は米粉の消費拡大の一助とすることを目的として、カステラについて、小麦粉を米粉に代替することでその物性や嗜好性にどのように影響するかを検討しました。

研究方法は、①強力粉100%(コントロール)、②薄力粉100%、③うるち米粉100%、④うるち米粉ともち米粉を50%ずつ混合した粉(混合粉)、⑤もち米粉100%の粉、これら5種類の粉を用いたカステラを焼成し、物性測定と官能評価を行いました。

カステラ

物性測定の結果から、
うるち米粉を用いたカステラは、小麦粉類を用いたカステラとほぼ同様に膨らみ、さらにもっともやわらかいことが示されました。
一方で、同じ米粉でも、もち米粉を用いたカステラは焼き上がりの重量が軽く、高さも低く、硬かったことから、もち米粉は小麦粉やうるち米粉に比べて膨化力や保水性が小さいことが明らかになりました。

官能評価においては、
うるち米を用いたカステラの評価が総合的には一番高くなりましたが、もち米粉100%のカステラもしっとりとして弾力があるとされ、他の粉とは異なる食感が高い評価を得ました。


同じ米粉でも、うるち米粉は製パン用、製菓用としてすでにかなり普及し、多くの食品への利用が試みられていますが、
もち米粉は古くからだんごや求肥など和菓子には用いられているものの、まだまだ一般的な食素材とはいえません。

しかしながら、今回の実験でカステラの新食感という観点で、もち米粉についても用途拡大の可能性が示唆されました。

今後の課題として、もち米粉で評価の低かった項目、特にふくらみについて改善を検討することで、もち米粉の需要を増やすことができるのではないかと考えています。



  

Posted by 京都ノートルダム女子大学 現代人間学部 福祉生活デザイン学科 │ 食物学領域研究活動

地域サロン、開催

2018年12月15日

京都ノートルダム女子大学 福祉生活デザイン学科の

「地域福祉と活動ゼミ」では、11月28日(水)に大学のある地域にお住まいの高齢者の方々を対象に、

地域サロンを開催しました。

地域サロン①


事前に学生たちは、実際に開催されている地域のサロンに参加させていただき、サロンの様子を学び、

どのようなリクリエーションをすれば参加者の方に楽しんでいただけるかを考え、アイデアを出し合い、準備をしてきました。

当日は、定期販売している 飛鳥井ワークセンター様のパンと、楽々堂様の挽きたてのコーヒー でくつろいでいただき、

その後、クイズ、将棋やオセロ、ボウリングをして楽しんでいただきました。

学生たちにとっては初めての試みで、戸惑い緊張もしながらではありましたが、

参加者のみなさんとも交流を深めることができていたようです。

地域サロン③

地域サロン②

地域サロン④



  

Posted by 京都ノートルダム女子大学 現代人間学部 福祉生活デザイン学科 │ 学外団体との連携福祉学領域

父子世帯の父の視点から家庭経営を考えました。

2018年12月11日

京都ノートルダム女子大学 福祉生活デザイン学科の前身の生活福祉文化学科(※)に、「家庭管理」(※※)という科目があります。

 少し前のことですが、この「家庭管理」の授業で、NPO法人 京都いえのこと勉強会理事長の木本 努さんをお招きし、父子世帯の父親の視点から生活全般のことを講義していただきました。木本さんは、お子さんたちがまだ幼かったときに、奥さまをご病気で亡くされています。奥さまを亡くされたときの様子や、その後お子さんたちが母親を恋しがるお話に、教室中からすすり泣く声がしました(ちなみに、1講時〈午前9時開始〉の授業です)。

 どんなに大好きな家族でも、いつか「別れ」を迎えます。それは、家族の誰かが先かもしれませんし、自分が先かもしれません。「家庭管理(経営)」の授業は、「家庭生活をどのように切り盛りしていくか(マネジメントしていくか)」をメインテーマとしています。今回の授業は、視点を少し変えて、「自分が先立ってしまったあとも、残された家族の生活は続いていく」ということを理解することがねらいでした。授業後の感想を読むと、そのことを受講生は、しっかりと学んでくれたようです。

ゼミの様子



 後日、木本さんは、3年次生の「家族関係ゼミ」にも来てくださいました(上の写真はそのときの様子です)。今年度の3年次生は、6名中2名がひとり親について研究を進めています。また木本さんが目下、構想中とおっしゃる父子手帳について関心を持つ学生もいます。学生たちは、木本さんとの意見交換をしながら、自分の研究をどのように進めようかあれこれ考えているようでした。

※生活福祉文化学科は、2017年度入学生より「福祉生活デザイン学科」としてスタートしました。
※※「家庭管理」は旧学科の授業です。福祉生活デザイン学科では「現代社会と家庭経営」として開講されています。  

Posted by 京都ノートルダム女子大学 現代人間学部 福祉生活デザイン学科 │ 家族関係学領域

ソーシャルワークとは何だったか! ~社会福祉現場での実習を振り返って

2018年12月10日

京都ノートルダム女子大学、福祉生活デザイン学科の

福祉系科目 「社会福祉援助技術実習指導Ⅲ」の全体での振り返りの授業風景です。

メインテーマはずばり、 「ソーシャルワークとは何だったか」 です。

2018年度の社会福祉援助技術現場実習の第一回目の実習報告会が終わり、

その後、3年次生たちは実習指導Ⅲの授業としては初の試みの全体会を実施しました。

これまで分野別に担当教員から分野別指導を受けて実習事後の振り返りを行っていましたが、

今回は分野領域を超え、

児童分野、障害児・者分野、高齢者分野、社会福祉協議会の各分野で実習した学生たちが混合し3グループを結成、

その3グループで、現場実習で学んだ「ソーシャルワークとは何か」ということを

考え、語り合い、確認し合い、みんなの力として模造紙に書き込み、発表をしました。

どの分野領域においても対人援助の根幹であるソーシャルワークの重要性を学生たちは懸命にまとめて振り返ってくれました。

「社会福祉士として働くイメージが膨らんだ」という学生もいて、善き振り返りになったようです。

(なお、学科の社会福祉コースは、社会福祉士、精神保健福祉士を目指すコースで、受験資格が取得できます。)

振り返りー2

振り返り-4

振り返りー5

  

Posted by 京都ノートルダム女子大学 現代人間学部 福祉生活デザイン学科 │ 福祉学領域

フレンドフーズとの連携事業(その1) #ノートルダム #大学

2018年12月04日

京都ノートルダム女子大学は、2018年10月31日

フレンドフーズ有限会社と産学連携に関する包括協定を締結しました。
(詳細は、大学HPを参照  https://www.notredame.ac.jp/news/news/647/  )

その活動のひとつが11月27日(火)に始動しました。

飛鳥井ワークセンター様製造のパンを
フレンドフーズ様にてゼミ活動として、販売いたしました。




10時の納品から始まり、15時ごろには完売いたしました。

店舗では、学生たちは交代で、試食の声かけ、事業所やパンの説明等おこない、

緊張しながらも楽しく販売できていたようです。

フレンドフーズ様のご意向では、毎週販売をとのことで、

今後どのような形で継続していくかについては、

飛鳥井ワークセンター様、学生とも相談し、検討していきたいと思います。

1127パン
  

Posted by 京都ノートルダム女子大学 現代人間学部 福祉生活デザイン学科 │ 学外団体との連携

「健康と食」研究室のゼミ活動

2018年12月01日

京都ノートルダム女子大学 福祉生活デザイン学科では3年次生から卒業研究を行うゼミに所属します。

3年次の各ゼミではそれぞれ特色ある活動を行っています。

加藤佐千子先生の「健康と食ゼミ」では、毎月1回、高齢者との交流会を実施しています。

11月の交流会では、お菓子作りをしました。

イギリスの菓子で有名なクランブルを、カラメルソースで煮たリンゴに振りかけ、バニラアイスを添えていただきました。

写真は交流会の様子です。高齢者の姪御さんが本学に来て作り方を教えてくださいました。

加藤先生1

加藤先生2

加藤先生3

  

Posted by 京都ノートルダム女子大学 現代人間学部 福祉生活デザイン学科 │ 学外団体との連携食物学領域

「家族まるごと支援の精神保健医療福祉を目指して」

2018年11月27日

京都ノートルダム女子大学 福祉生活デザイン学科には、精神保健福祉士受験資格取得可能な「社会福祉コース」があります。

(このコースでは、社会福祉士と、精神保健福祉士の受験資格が取得できます)

その教育に携わる教員のひとりである佐藤純先生が、大学院生活福祉文化専攻主催の公開講座の講師をされました。

佐藤先生公開講座11/24



公開講座のタイトルは

「家族まるごと支援の精神保健医療福祉を目指して
 ~うつ病や統合失調所の親を持つ子どもたちの願いにも応えられる精神保健医療福祉にしていくために~」


実際に精神障害を持つ人だけでなく、その家族の支援について話をされました。
特に、小学生のような小さな子どもたちにおいて、親など周りの大人が精神障害を持っている場合にその子をどうやって支援したらよいのかという内容でした。

聴衆は現場で働いていらっしゃる方も多く、質疑応答では具体的な現場での困りごとや支援の方法についてなど、活発なやりとりが行われました。

福祉生活デザイン学科に入って、佐藤純先生から実際に精神保健福祉に関するお話しを聞いてみませんか。きっと皆さんの視野が広がることでしょう。
  

Posted by 京都ノートルダム女子大学 現代人間学部 福祉生活デザイン学科 │ 公開講座福祉学領域

アルフレックスの ショールームを見学しました

2018年11月22日

京都ノートルダム女子大学 福祉生活デザイン学科の
住居系科目 「住計画演習Ⅱ」の授業は 設計課題として自由設計を行います。
(学科では、二級建築士の受験資格、インテリアプランナー認定資格などがとれます)

そのための勉強に、本日、有名な家具ショールームに見学にいきました。
科目担当の岸先生が引率してくださいました。


おしゃれな高級家具を扱っていることで有名な
(株)アルフレックスジャパン 大阪ショールーム(心斎橋) を見学しました。

アルフレックス(全体)


生活場面がイメージできるように演出が凝らされた、とても素敵なショールームです。
家具、照明器具、カーペット、アクセサリー小物などがトータルにコーディネートされています。

落ち着いた上品なコーディネートはとても美しく、
例えば材質が木の家具(テーブル)であっても、木肌の色(ブラウン)を抜いてアッシュカラーに加工し、それに黒い無垢木のアームチェアを合わせるなど、洗練された質の高い色使いにため息がでました。
グレイッシュカラー(グレーを基調とした色)はとても新鮮に映りました。

カウチタイプのソファは、大きくボリュームのあるソファですが、背もたれが低いので軽快な印象です。


木のような自然素材は均質ではなく、一つ一つ違います。材料としての欠点もあります。
そういう材をうまく活用されているお話をうかがいました。
 空洞(うろ)のある無垢の古材をテーブルの天板に用いる際、アクリル樹脂を注入し空洞をふさぎ平らにします。
 経年変化によって、無色透明のアクリル樹脂が、徐々に琥珀色へ変化していくのを楽しむのだそうです。
 
欠点を上質のものへと昇華させるアイデアに感心しました。



デザイン性が高いのはもちろん、生活する人がどう使うかをイメージしてつくられた機能性の高さや、
生活空間で自在に形態やレイアウトを変化させて使うことができる柔軟性に感嘆しました。

(社名のアルフレックス arflex  は arredamenti(イタリア語で家具)+flexibility(英語で柔軟性、適応性) だそうです。まさに社名の通りです)



家具の歴史は、材料加工の技術の歴史でもあります。
写真の円テーブルは「3D真空プレス」という新しい技術を用いて作られた物だそうです。
円形テーブルの端も突板がぴったりと丸く貼られています。

アルフレックス(円テーブル) 

住空間を計画、コーディネートする魅力、楽しさ、創造力が掻き立てられ、わくわくする気持ちが湧きあがりました。

とても貴重な経験をさせていただき、良い勉強になりました。
学生の課題もこの見学を反映し、素敵なものに仕上がることでしょう。
楽しみです。

アルフレックスジャパンの児玉様、
本日はたいへんお世話になりました。
丁寧でわかりやすいご説明をありがとうございました。

アルフレックス(岸先生)

  

Posted by 京都ノートルダム女子大学 現代人間学部 福祉生活デザイン学科 │ 住居学領域

ヘレンケラーと日本

2018年11月18日

2018年11月10日、京都ノートルダム女子大学福祉生活デザイン学科 特任教授 室田保夫先生が、
カトリック教育センター主催の公開講座において講師をされました。

講座のタイトルは「ヘレン・ケラーと日本」です。

室田教授は、近代日本の社会福祉史のご研究をしておられます。
特に日本の社会福祉に尽力した個々の人物の研究です。

公開講座では、3重苦を持ちながら、奇跡の人として称され、
世界中で誰もが知っているヘレンケラーが3度も来日した理由を、
わが国の社会福祉史上で有名な「岩橋武夫」という人物との出会いとの関係性から、わかりやすくお話しされました。

室田先生講演
  

Posted by 京都ノートルダム女子大学 現代人間学部 福祉生活デザイン学科 │ 公開講座福祉学領域

屋外環境と快適性に関する実験研究(ゼミ研究)  #ノートルダム#大学

2018年11月14日

京都ノートルダム女子大学 福祉生活デザイン学科の住居系ゼミ

「"住環境"研究室」のゼミ研究を紹介します。

研究タイトルは「屋外環境と快適性に関する実験研究」


都心において建築物の密集の回避を目的に、公共空間を増やすためのオープンスペースの確保が促進されています。オープンスペースは単なる場の提供だけではなく、そこで人の交流が活発に行われることで街が活気づくことが期待されています。そのためには場が質的に良い環境であることが必要です。

本研究は大学キャンパスの屋外休憩場所(芝生中庭、茶室庭園、ユニソン会館北側)を取り上げ、
自然気候に曝露された屋外で被験者評価実験を行いました。
そして、環境要素と人の感覚との関連を把握し、快適な屋外環境のありかたを検討しました。
またVR実験を行って、緑樹の視覚情報が温冷感に影響を与えるかどうかについて検討を行いました。

研究方法は、
1)大学のキャンパスの植栽状況など環境の異なる3地点
2)気温・湿度・気流・照度・日射量・騒音レベルを機器を用いて実測。また被験者に感覚・心理評価は温熱感、湿気感、風量感、明るさ感、騒静感を5段階、場の快適感、場の印象、総合評価として[小休憩に適している]を4段階で評価させた。実験期間は5月から10で毎月実施しました。被験者は学生のべ19名である。
3)VR実験は、屋外環境調査実験の地点を360°カメラにて撮影した対象画像を、VRゴーグルを装着した被験者に、温熱環境を25°湿度40%に調節した実験室で評価させました。

結果、

それぞれの地点の現状を把握し、環境に手を加えることでより快適性を向上するための工夫として、
芝生中庭は気温や日射量が多いことから、暑さや眩しさを感じる頭上や周囲に日射を遮る樹木を増やす、
茶室庭園は、暗く湿度が高いことから、緑量を減らす、あるいは休憩地点と植栽に距離をとるなどして通風の改善をする、
ユニソン会館北側は、コンクリートに囲われて植栽がないことが総合評価を低くしていることから、例えばプランターを設置するなど植栽を増やす工夫をする。
などの提案を導き出しました。

またVR実験より、視覚情報だけでは温冷感は変わらないことが明らかとなりました。屋外実験① 屋外実験風景

VR実験風景  VR実験風景
  

Posted by 京都ノートルダム女子大学 現代人間学部 福祉生活デザイン学科 │ 住居学領域研究活動