ラボ・Letter

【京都ノートルダム女子大学 現代人間学部 福祉生活デザイン学科】

生活科学(食物・衣服・住居・家族)、福祉の観点からQOLを研究・教育する学科ブログです
授業の様子、研究紹介、コラムなどを手紙(Letter)のように綴ります

2018年05月の記事

京菓子の世界を通して食文化を学ぶ

2018年05月31日

本日、特別授業が行われました。

講師は 京菓子の老舗 「京菓子司 末富」の取締役会長 山口富藏先生です。


あす6月1日は 24節季の氷室にあたるということで、「氷室」という銘のお菓子をいただきながら、お話をききました。

氷室


氷室というお菓子は元禄時代から続く由緒あるものだそうです。


お菓子の上の赤は、氷室を守る神様を、下の白い葛まんじゅうは雪の玉を意味するのだそうです。


お菓子は銘があり、季節感が大事であること、移ろいゆく季節を色、姿、材料で表現しているということ、


和歌や俳句の季語から、もてなしの心や作法にいたるまで、


やさしく語りかける口調で、ユーモアも交えながら、とてもわかりやすくお話いただきました。


日本文化の奥の深さと美しさに触れることができ、和菓子を再発見する貴重な機会をえました。


和菓子講演中1  

Posted by 京都ノートルダム女子大学 現代人間学部 福祉生活デザイン学科 │ ピックアップ授業

地域協働ぷろじぇくと(パン販売1)

2018年05月29日

本日、酒井ゼミによる、

地域協働ぷろじぇくと、パン販売がお昼休み時間にアセンブリーホールで行われました。

これは、酒井ゼミの学生が、飛鳥井ワークセンターさん とコラボして実施されています。

パンはおいしく、種類も豊富で毎回大好評、大盛況です。


パン整列


パンメンバー

月2回のペースでされています。次回は6月13日(水)です。  

Posted by 京都ノートルダム女子大学 現代人間学部 福祉生活デザイン学科 │ 学外団体との連携

6/10 オープンキャンパス告知 (その2)

2018年05月29日

6/10(日) オープンキャンパスが開催されます。

模擬授業は、

服飾心理学の牛田先生による「自分に似合う色をみつけましょう ~カラーコーディネートの基礎~」 の模擬授業が行われます。 

好きな色と似合う色は違う? 本当にわたしに似合う色を丁寧に、実演して教えてくださいます。

カラーコーディネート用







  

Posted by 京都ノートルダム女子大学 現代人間学部 福祉生活デザイン学科 │ オープンキャンパス

6/10 オープンキャンパス告知(その1)

2018年05月27日

6月10日(日)、オープンキャンパスを開催します。

学科の教育や研究がわかる展示をたくさん用意しています。

模擬授業は、「衣生活ゼミ」牛田先生による、「自分に似合う色を見つけましょう」です。

色彩学(カラーコーディネート)を使って、似合う色を見つけるポイントを教えていただきます。

希望者は、ひとりひとり鏡の前で色合わせをしてもらえます。今まで挑戦したことのない色が「似合う色」かもしれません。

ふるってご参加ください。


体験コーナーは2種あり、
 「衣環境ゼミ」安川先生による
 
 「住環境ゼミ」竹原(投稿者)による

です。

京都市営地下鉄(東西線)に、下のポスター掲載されています。

ぜひ、みつけてください。







  

Posted by 京都ノートルダム女子大学 現代人間学部 福祉生活デザイン学科 │ オープンキャンパス

ブログの名前について

2018年05月26日

「ラボ」とは Laboratry(研究室、実験室)の意味です。

福祉生活デザイン学科は、実習や演習による体験的な学びを重視しています。

「ラボ」は各種あり充実しています。

フードサイエンスラボ、調理実習室、示範室、ファッションデザインラボ、テキスタイル実験室。製図室、インテリアデザインラボ、家庭科演習室、ソーシャルワークラボ の9つのラボがあります。

ブログ名称 「ラボ・Letter」 はこれらの「ラボ」から発信する手紙、という意味で名付けました。

ひとつひとつの「ラボ」については別の機会に紹介します。

ラボ・レター



  

Posted by 京都ノートルダム女子大学 現代人間学部 福祉生活デザイン学科 │ 学科の説明

ブログ開設しました

2018年05月24日

京都ノートルダム女子大学 現代人間学部 福祉生活デザイン学科の教員によるブログを開設しました。

少子高齢社会、地球環境の変動、経済不安など、めまぐるしく激変する困難な社会において、

よりよい暮らしのあり方(quality of life)を研究、教育する学科です。

食物、被服、住居、家族、福祉と、暮らしに関連した多彩な領域で構成されています。

複合的な視点をもって、課題の解決にアプローチする

日本でもめずらしい学科です。

大学での日々の教育や研究活動の様子をこのブログを通し、知ってください。


bird
  

Posted by 京都ノートルダム女子大学 現代人間学部 福祉生活デザイン学科 │ 学科の説明