ラボ・Letter

【京都ノートルダム女子大学 現代人間学部 福祉生活デザイン学科】

生活科学(食物・衣服・住居・家族)、福祉の観点からQOLを研究・教育する学科ブログです
授業の様子、研究紹介、コラムなどを手紙(Letter)のように綴ります

2018年07月の記事

醤油の勉強会(関西の淡口醤油メーカー ヒガシマル醤油さんによる)

2018年07月19日

本日は生活デザイン系の合同ゼミが開催されました。

関西の淡口醤油メーカー、ヒガシマル醤油の方々に、「醤油」の特別講義をしていただきました。

ヒガシマル1

醤油の原材料は、水、大豆、小麦、塩で、淡口醤油はこれに米(甘酒)が加わるということ。

また、醤油の種類は、濃口醤油、淡口醤油、たまり醤油、白醤油、再仕込み醤油の5種類あり、それぞれ原材料の分量が異なることなど基礎的な知識を教えていただきました。

また、淡口醤油は、お料理の素材の色を鮮やかに美味しそうに見せることや、破断力が高く口当たりが柔らかくなることについては、高野豆腐2種(濃口醤油で調理と、淡口醤油で調理)を試食し、食べ比べをすることで、体験的に理解を深めました。

ヒガシマル3


ヒガシマル2

関西は軟水のため、関東よりも淡口醤油のうまみが引き出されやすいという地域性の差異や、

一般的に淡口醤油は塩分が多いように思われているが、濃口醤油よりも少量で使用されるため実際は塩分摂取は少ないこと、

クセの強い食材は濃口醤油で臭みなどをマスキングし、あっさり食材は淡口醤油で旨味を引き出すなど使い分けるとよい、など

たくさんのことを、とてもわかりやすく丁寧に教えていただきました。

日本人にとって身近なお醤油ですが、意外に知らないことが多く、今回知る貴重な機会となりました。

ヒガシマル醤油の皆様、本日はありがとうございました。(最後にお土産もいただきました)  

Posted by 京都ノートルダム女子大学 現代人間学部 福祉生活デザイン学科 │ ピックアップ授業

オープンキャンパス報告 (7月15日)

2018年07月17日

7月15日(日)にオープンキャンパスを開催しました。

相談コーナー

三好先生による模擬授業は、熱帯魚の水槽を前に、「アクアセラピーは癒しの効果まんてん ~おさかなたちの世界を紹介~」の講義でした。ゆったりと泳ぐきれいなお魚を眺めるだけで、脳波的にリラックス効果が得られるということです。

おさかな模擬授業

体験コーナーは、矢島先生と学生スタッフによる「癒しのハンドマッサージ」が大好評でした。静かなBGMとアロマオイルの香りの中、
ハンドマッサージで緊張感がほぐれ、自然に会話が弾む心理的効果を、マッサージの心地よさとともに体験してただきました。

アロママッサージ

簡単ランプの制作は、切り抜いたイラスト素材をペットボトルに貼り付け和紙を被せる簡単なランタンを制作しました。光源の種類によって色の見え方や雰囲気が異なることを体験していただきました。

ランプつくり

この日は、京都市の日中は38.7℃と酷暑にもかかわらず、学内は大にぎわいでした。
たくさんのご来場ありがとうございました。

ブログ看板

  

Posted by 京都ノートルダム女子大学 現代人間学部 福祉生活デザイン学科 │ オープンキャンパス

「財政」、「税金」・・・むずかしいけどきちんと学びます

2018年07月17日

今回は授業の紹介をします。

家庭経済_20180614



少し前ですが、近畿財務局京都財務事務所と左京税務署から講師をお迎えし、3年次生を対象とした「家庭経済」(※)の授業で財政と税金についての講義をしていただきました。

来年(平成31年)10月から予定されている消費税の増税や軽減税率については、これまでの授業の中で何度か登場していたため受講生も知ってはいましたが、それらが自分の生活とどのように結びつくかまでは想像が追いついていませんでした。今回、税金の専門家である税務署の講師の先生がクイズ形式で解説してくださったことで、受講生の理解がさらに深まったようです。

近畿財務局の先生は、日本の財政の現状についてお話くださいました。日本が莫大な債務(借金)を抱えていることは受講生も知っています。しかしそれが○○○兆円と言われても、正直ピンときません。そんな受講生に対して、講師の先生は家計に例えて説明くださいました。これでようやく受講生にも日本が置かれている厳しい現状を実感できたようです。



※昨年度より「家庭経済」の授業は、1年次生を対象とした「現代社会と家庭経営」の授業に変更になっています。今年度は後期の授業の1コマを使って、税務署と財務局の講師による税金と財務の授業を開講する予定です。
  

Posted by 京都ノートルダム女子大学 現代人間学部 福祉生活デザイン学科 │ ピックアップ授業

7/15オープンキャンパスの紹介

2018年07月14日

7/15(日)はオープンキャンパスを開催します。

本学科の紹介をします。

模擬授業は、
   ① 「LED照明から昔の灯りまで、光の魅力を発見」 (住居学分野)
   ② 「アクアセラピーは癒しの効果まんてん ~おさかなたちの世界を紹介~」(社会福祉学分野)

体験コーナー
  ① 「癒やしのハンドマッサージ」(社会福祉学分野)
  ② 「光のマジック!光を透せば、素敵にみえる―身近なものもランプに変身―」(住居学分野)
  

大学での学びをぜひ体験しにきてください。
上級生との対話も楽しめます。

写真は、模擬授業①で紹介する照明実験装置です。同じ部屋でも光源が異なると見え方が変わりますね。

照明実験


  

Posted by 京都ノートルダム女子大学 現代人間学部 福祉生活デザイン学科 │ オープンキャンパス

ヘルマンハープによる音楽のバリアフリー

2018年07月11日

皆さんはヘルマンハープを知っていますか?

ヘルマンハープとは1987年にドイツのヘルマン・フェー氏が、ダウン症の息子に楽器を弾かせてあげたいと開発した弦楽器です。

五線譜が読めなくても誰でも弾くことができます。

ヘルマンハープの優しい音色はリラックス効果がありますので、暑い季節におすすめです。

日本ヘルマンハープ公式サイト(https://www.hermannharp.com/)から視聴できます。


ヘルマンハープ
  

Posted by 京都ノートルダム女子大学 現代人間学部 福祉生活デザイン学科 │ 知識の泉

いきいき・いわくら見学

2018年07月10日

医療法人稲門会 就労継続支援B型事業所 いきいき・いわくら見学 (7月4日)

地域福祉と活動ゼミ(酒井ゼミ)は、毎年、地域の障がい者就労支援事業所の皆さんと一緒に、大学祭に出店し、各事業所の展示と商品の販売に取り組んでいます。

今日は、大学祭に向けて、事業所の取り組み、利用者のこと、どのような商品を製造しているのか、

そのプロセス等を学ぶために、いきいき・いわくらを見学させていただきました。

ガラスをカットし、溶かして、いろいろなアクセサリーや鏡、写真立てなどの雑貨に作り上げる細かいお仕事を丁寧にされていること、

流行も取り入れ、新商品の製造にも意欲的に取り組んでおられることなど学びました。
アクセサリ3

アクセサリ5


学生たちは、かわいいアクセサリーにくぎ付けになり、大学祭で多くのみなさんにどのようにお伝えすればよいか考える機会にもなりました。

いきいきいわくら看板



  

Posted by 京都ノートルダム女子大学 現代人間学部 福祉生活デザイン学科 │ 学外団体との連携

行列のできる!?パンの定期販売

2018年07月06日


本日(6/27)も飛鳥井ワークセンターの焼き立てパンの販売の日です。

12時15分から販売開始ですが、毎回、早くから(30分も前から?)お目当てのパンを買うために、早々と並んで待ってくださる人でいっぱいです。

行列がどんどん長くなり、飛鳥井ワークセンターのみなさんも、われわれ学生スタッフも、嬉しい悲鳴をあげています。

多めに準備をしていても、トレイとトングがすぐになくなり、パンの袋詰めとトレイ、トングをふいて戻す作業に大忙しです。

みなさん、いつも本当にありがとうございます。次回は7月11日(水)です。

写真は販売会場の外まで続いている行列の様子です。

行列の様子

  

Posted by 京都ノートルダム女子大学 現代人間学部 福祉生活デザイン学科 │ 学外団体との連携

NHK朝ドラ「半分、青い」のインテリアについて(その2)

2018年07月05日

秋風羽織氏のオフィス ティンカーベルの、プライベートルームにみられる照明器具、「タリアセン TALIASEN」について紹介します。

アメリカの世界的な建築家、フランク・ロイド・ライトが設計した照明器具です。

しかも、このプライベートルームにはそれが2台もあります。

部屋の隅に床置き「タリアセン2」、卓上に「タリアセン3」が設えられています。

葉(電球)をたくさんつけた木のようなデザインで、電球を覆うブロックの上下の遮光板はばらばらに取り外すことができ、好きな向きに自由に取付けることができます。遮光板から漏れる間接光はブロックや遮光板の木色も加わって、とてもやさしい柔らかい光です。

写真は、本学のインテリアデザインラボにある、卓上ライト「タリアセン3」です。

タリアセン


秋の夕暮れ、このライトを傍らに静かに読書したり、物思いにふける、というシチュエーショが私のお勧めです。
  

Posted by 京都ノートルダム女子大学 現代人間学部 福祉生活デザイン学科 │ トレビアの泉

お豆腐ふるふるムース(その2 アレンジ)

2018年07月04日

藤原先生監修の、「お豆腐ふるふるムース」のアレンジの続きを紹介します。

(アレンジその1)オレンジのトッピングふるふる

オレンジの果肉をきれいに切り出し、残りは絞ってジュースにしてふるふるゼリーに乗せ、
  果肉を飾る。

(アレンジその2)旬のブルーベリーふるふる
  砂糖の半分をブルーベリージャムに代えて、後は同様に混ぜる。生のブルーベリーを上に
  飾る。

(アレンジその3)きらきらふるふる
  ふるふるゼリーにナタデココを混ぜる。ゼリーが固まったら、ゼラチンで固めたかき氷シ
  ロップ(ブルーハワイ)を細かく刻んで上に散らす。好みのフルーツを飾る。

(アレンジその4)和風ふるふる
  ふるふるゼリーに甘納豆を混ぜる。ゼリーが固まったら上に抹茶を振りかける。

ムース5種




【注意】生のフルーツ(キウイやいちじく)の中にはゼラチンゼリーに混ぜるとゼリーが固まらない場合があります。そんなときは加熱するか、ジャムや缶詰を使いましょう。

お豆腐 美人道   身近なスーパーフード
  低カロリーで栄養豊富 良質のタンパク質
  オリゴ糖   ビフィズス菌の栄養→腸内環境改善
  ビタミンE  抗酸化作用(美肌効果)
  イソフラボン 肌の新陳代謝
  
ヨーグルト 美人道
吸収率の良いタンパク質(美肌、美髪)、カルシウム
  乳酸菌→腸内環境改善
  ビタミンA →美肌(カサつき防止)
  ビタミンB2→脂肪の代謝促進(ダイエット効果)
        →肝機能向上(肌荒れ、シミ防止)


いいことづくめですね。是非チャレンジしてください。
  

Posted by 京都ノートルダム女子大学 現代人間学部 福祉生活デザイン学科 │ トレビアの泉