ラボ・Letter

【京都ノートルダム女子大学 現代人間学部 福祉生活デザイン学科】

生活科学(食物・衣服・住居・家族)、福祉の観点からQOLを研究・教育する学科ブログです
授業の様子、研究紹介、コラムなどを手紙(Letter)のように綴ります

学科からお知らせの記事

「醤油」の研修 (ヒガシマル醤油)

2019年06月18日

京都ノートルダム女子大学 福祉生活デザイン学科は

衣・食・住・家族・福祉分野があり、自由にオリジナルな学びができます。

本日は、「ヒガシマル醤油」の方々が講義にきてくださいました。

ヒガシマル醤油は、400年以上、こだわりの水、小麦、大豆、塩と、自家製の甘酒を原料に淡口醤油を生産している会社です。

講義は、基礎知識として、醤油の歴史、醤油の作り方、醤油の種類、東日本と西日本でのエリア性のことなどを丁寧に説明いただきました。

ヒガシマル講義


また、体験として、
 ①5種類の醤油の比較(色、味、香り)

 ②濃口と淡口での、だし汁の比較

 ③高野豆腐での、食感の比較

を試食しました。

試食


当たり前のように日々料理に使う醤油ですが、原材料、つくり方、醤油の種類など、知らないことばかりでした。

2013年に「和食」がユネスコ無形文化遺産に登録されましたが、

日本人として、和食のベースともいえる醤油に関心を向けてみようと考えさせられる講義でした。

また御社は、原料調達に関して、地産地消を推進されていることや、廃棄される醤油カスも小麦栽培に利用しているなど

環境への配慮や取組みも知ることができました。


ヒガシマル醤油の皆様、貴重な講義をしていただき、
ありがとうございました。  

Posted by 京都ノートルダム女子大学 現代人間学部 福祉生活デザイン学科 │ 学科からお知らせ食物学領域産官学連携活動

京都市中央市場市民感謝デー『食彩市』で本学学生が一日場長として活動

2019年06月17日

京都ノートルダム女子大学 福祉生活デザイン学科は、

産学連携活動を多く展開しています。

そのうちのひとつ、今年初めより、京都中央卸売市場と包括連携協定を結んでいます。

6月8日(土)に、京都市中央市場市民感謝デー『食彩市』で一日場長として活動しました。
調理学ゼミ4年次生が、市場について学び得た知識を活かし活動しました。


大学HP ニュース(下記サイト)に詳細を説明しています。
https://www.notredame.ac.jp/news/news/1167/


その様子が、KBS京都で 7月13日(土)25時に食彩市の様子が放映されます。
番組名は、「なんじゃかんじゃ調査団」です。
是非、ご覧ください。  

Posted by 京都ノートルダム女子大学 現代人間学部 福祉生活デザイン学科 │ 学科からお知らせ食物学領域産官学連携活動

ワコールでの研修

2019年06月14日

京都ノートルダム女子大学 福祉生活デザイン学科の

2年生の必修科目 「福祉生活デザイン基礎演習Ⅲ」は、

学外に出かけて衣・食・住・福祉に関する事業や実態を体験的に学びます。

「京の食文化ミュージアム あじわい館」(5月21日記事)に続き、

今回は、京都市南区にある株式会社 ワコール本社を訪問し、
「ワコール ミュージアム オブ ビューティ」やサロンの見学、
下着の歴史や最新技術を使った下着の開発についての講義、、そして「美」についてのディスカッションを行いました。

wacoal1


一面に飾られた下着です。「かわいい!」「欲しい!」という声があちらこちらで聞こえてきます。
ワコール


(株)ワコールは、下着だけではなく、パンプスの開発にも力を入れています。試着しました。
パンプス


お題は「美しさとは?」です。普段考えることのない「美」について、さまざまな角度から考えます。参加者全員が意見を出し合い、共有しました。

wacoal4

wacoal5


盛りだくさんの内容で、あっという間の2時間でした。

  

Posted by 京都ノートルダム女子大学 現代人間学部 福祉生活デザイン学科 │ 学科からお知らせ衣服学領域

6/9 オープンキャンパス来場のお礼

2019年06月11日

京都ノートルダム女子大学は、先週末 6月9日(日)に
オープンキャンパスを開催しました。

ご来場の皆様、ありがとうございました。

学科イベントは、
 ミニ講義は、食物学分野の講義は、

  「体にとって必要な栄養かそうでないかを識別するのが、味覚の役目!―あなたの味覚をためそう―」 では、
  オレンジジュースを使って、官能評価実験が体験できる講義でした。

 住居学分野の講義は、

 「住まい選びは「人を知る」 から!」では、
 身の回りの設備や空間の寸法が、人の身体寸法や動作寸法を基準にして設計されている、という内容でした。

また、資格説明会として、

 「家庭科教員就職率100%のヒミツ」
 「福祉の仕事と資格」
 では、それぞれ、資格の内容、大学での授業科目、就職のこと、などの説明がおこなわれました。

また、体験コーナーでは

 3DCGソフトを用いて、インテリアコーディネート体験や、
 パーソナルカラー診断を行って、似合う色を探し、その色でシュシュを作る、といった体験をしました。




福祉仕事

ご来場いただきありがとうございました。

次回のオープンキャンパスは、7月14日です。
また内容を変えて行いますので、ご参加ください。
  

Posted by 京都ノートルダム女子大学 現代人間学部 福祉生活デザイン学科 │ 学科からお知らせ

京の食文化ミュージアム あじわい館での研修

2019年05月21日

京都ノートルダム女子大学 福祉生活デザイン学科は

産学連携活動を活発に行っています。

2年生の必修科目「福祉生活デザイン基礎演習Ⅲ」は、学外に出かけて衣・食・住・福祉に関する事業や実態を体験的に学びます。

今回は、京の食文化ミュージアム あじわい館で学習しました。

あじわい館は、京都市中央市場にあり、 伝統的かつ創造的な京の食文化の素晴らしさを一般の人に実感してもらうために、また市場及び地域の活性化を図るために開設されました。

京都ノートルダム女子大学と産学連携協定を結んでいます。

研修は、

まず、中央市場に関してDVDを鑑賞し学びました。

次に、野菜ソムリエプロの、川添智未先生より、京都の行事食について展示模型を使い、丁寧に教えていただきました。

そして、調理室にて 京風白味噌雑煮の調理を体験しました。

昆布の種類によって出汁の風味や色が違い、京都は利尻昆布が好まれること、鰹節との合わせだしのとりかた、野菜の皮の剥き方、切り方など、一から教えていただいたのち、3つの班に分かれて調理しました。

白味噌のしっかりした甘みと、やさしい出汁の風味の、おいしい白味噌雑煮ができあがりました。

書籍を読んだり、レシピをみての調理や学習ではなかなか知り得ない、五感を伴う学びができました。

体験学習の重要性を改めて感じた、有意義な研修でした。

あじわい館の皆様、川添先生、ありがとうございました。


<京都中央市場について勉強>
DVD鑑賞


<京都の行事食の模型を前に>
展示の説明


<さあ、これから調理体験!>
調理体験1


調理体験2


<見た目も美しく、おいしい白味噌雑煮の完成!>
白味噌汁 完成

  

Posted by 京都ノートルダム女子大学 現代人間学部 福祉生活デザイン学科 │ 学科からお知らせ食物学領域産官学連携活動

女子大発 オリジナルクッキー完成!

2019年05月08日

女子大クッキー完成!


京都ノートルダム女子大学 福祉生活デザイン学科は
学外団体との連携活動が盛んです。

京都新聞(2019年4月26日朝刊)に掲載された活動、


オリジナルクッキーの開発を紹介します。(新聞記事のタイトルは"女子大クッキー完成”です。

展示


地域福祉ゼミの学生と、就労支援施設ワークセンターHalle!が取り組みました。

クッキーは、ムラサキイモ、ほうじ茶、抹茶、きなこの4種です、

クッキーの表面にはそれぞれ ムラサキツユクサ、ベルフラワー、サンダーソニア、タイム の型押しがデザインされています。

これは京都ノートルダム女子大学の建学の精神、

「尊ぶ(ムラサキツユクサ)」 「対話する(ベルフラワー)」 「共感する(サンダーソニア)」 「行動する(タイム)」を

それぞれ花言葉で表現したもので、これも学生のアイデアです。

このクッキーのパッケージも学生がデザイン提案をしました。

クッキー


開発に携わった学生からは、

「クッキーやパッケージのデザインを一から考え、つくる機会に恵まれて嬉しかった」

「図案を形にしていく、作り上げる大変さと楽しさがわかってよかった」

「自分たちの考案したクッキーを丁寧に焼き上げてくださって嬉しい」といった洋菓子店への感謝の気持ちや、

「これからもモノづくりに関わっていきたい」などの感想が寄せられました。


全員で


このクッキーは同センターが運営する洋菓子店「茶山sweets Halle」にて 

パッケージ入りは8個 1,350円で販売しています。(1個からも販売)

オープンキャンパスでも紹介していきます。


福祉生活デザイン学科は、入学後、衣・食・住・福祉という生活に関わるすべての領域を学んだ上で、専門を絞り込んでいくという、ユニークな教育を行っています。

今回のクッキーの開発は、「食」を学んだ「福祉」を専門とする学生らの活動です。

複合的な領域を幅広く学ぶことで、社会活動で必要な広い視野や、独創的な発想力をもつ、学科教育の成果と、教員一同喜んでいます。

<デザインの当初の企画デッサン>
提案書


  

Posted by 京都ノートルダム女子大学 現代人間学部 福祉生活デザイン学科 │ 学科からお知らせ産官学連携活動

フレンドフーズと、スイーツの協同開発

2019年04月25日

京都ノートルダム女子大学 福祉生活デザイン学科は

産官学連携活動を活発に行っています。

大学近隣のスーパーマーケット、「フレンドフーズ」と スイーツを協同開発、販売しました。


調理学ゼミは、フレンドフーズと京都ノートルダム女子大学との産学連携協定のもと、

昨年秋より野菜を用いたスイーツの共同開発に取り組んできました。


学生たちは、嗜好性、栄養性、機能性、安全性の観点から多角的に検討し、

試作を繰り返してレシピを作成しました。

このレシピをもとにフレンドフーズとディスカッションを重ね、販売側の意見や助言を取り入れて、さらに改良を加え、

三種類の野菜スイーツを完成させました。



そして4月12日に、まずは人参、レンコン、ゴボウなどの根菜がたっぷり入ったチョコレート味の「米麹のパウンドケーキ」と、

さくさくほろほろの食感が楽しい人参入り「おやさいぼーろ」の二種類について、

学生自身が売り場に立ち、直接消費者の皆様に商品説明を行いながら店頭販売をしました。

わずか2日で完売することができ、すべてが貴重な経験となりました。


(フレンドフーズでディスカッション)
ディスカッション


(スイーツフェアの一角をお借りして商品展示)
スイーツの商品展示


(お買い上げありがとうございました)
お買い上げ


(根菜たっぷり「米麹のパウンドケーキ」)
パウンドケーキ

(ほろほろ食感が楽しい人参入り「おやさいぼーろ」)
おやさいぼーろ



  

Posted by 京都ノートルダム女子大学 現代人間学部 福祉生活デザイン学科 │ 学科からお知らせ食物学領域福祉学領域産官学連携活動

4/28(日)オープンキャンパス開催します

2019年04月23日

京都ノートルダム女子大学は、 4月28日(日)にオープンキャンパスを開催します。

福祉生活デザイン学科のイベントは、、

(1)ミニ講義 2題
   ①アパレルデザイン、栄養学、住居製図など―まるごと学べる生活科学のすすめ―
   ②結婚する?しない?―大学生の結婚観をのぞいてみよう―

(2)資格説明会(家庭科教員就職率100%のヒミツ)

(3)資格説明会(福祉の仕事と資格)

(4)体験コーナー(ウェディングドレスをデザインしましょう)

   (※それぞれの詳細は大学HPで確認できます。)

本学をしっかり堪能できる、
学科おすすめのモデルコースは、

  10:30~11:00  大学ガイダンスに参加(入試制度説明あり)

  11:10~11:40 ミニ講義①( or ミニ講義②、or 学科体験コーナー)に参加

  11:50~12:20 資格説明会(家庭科教員 or 社会福祉士)

   ランチ体験

  13:10~13:40 ミニ講義②(ミニ講義①、or 学科体験コーナー))に参加

  13:45~    キャンパスツアーに参加

  14:30~   先輩とおしゃべりcafe

 時間に余裕があれば、是非、学科ブースの常設体験コーナーも挑戦してください。
 (飲料の甘さ測定、パーソナルカラー診断、3DCGでインテリアコーディネート)

 百聞は一見にしかずです。

 写真や雑誌では伝わらない、本学の教育の質の高さ、雰囲気の良さを わかっていただけると幸いです。

 盛りだくさんの内容でお待ちしています。


(学科体験コーナー:ウェディングドレスをデザインしましょう)
ウェディングドレス製作

  

Posted by 京都ノートルダム女子大学 現代人間学部 福祉生活デザイン学科 │ 学科からお知らせ

京都市中央市場、中央食肉市場の見学

2019年04月20日

京都ノートルダム女子大学は、平成31年1月15日に

京都市中央市場および京都市中央食肉市場と包括連携協定を結びました。

この産官学連携の活動の一環として、

市場の役割を実地に学ぼうと、4月11日に4年次生が早朝のセリを見学に出かけました。



京都市中央市場では朝5時20分から威勢の良いかけ声とともにマグロをはじめとした鮮魚のセリが始まりました。

タイ、フグなどの高級魚が次々と売られていく様は実に壮観です。



続いて6時からは青果のセリです。

ベルトコンベアーに載った果物や野菜に一瞬のうちに買い手が付いていきました。

一日でこれだけの物量が京都市民の胃袋を満たしていると思うと、

改めて私たちの豊かな食生活を支えてくださる方々に感謝です。



さらに京都市中央市場から京都市中央食肉市場へ移動し、

牛のと畜と11時過ぎからの食肉のセリを見学しました。

私たちは自身の命を繋ぐために他の命をいただいている、ということを普段は忘れているような気がします。

今回の見学で、せめて食材は無駄なく利用して、おいしく味わいたいとつくづく思いました。


勉強させていただいた内容は、後日、小さな子ども達を対象とした食育活動の場で還元していく予定です。



(フグがいた!)
ふぐがいた

(まぐろの生態について説明を聞く )
マグロの生態

( 美しい切り身を前にハイテンション! )
きれいな切り身

  

Posted by 京都ノートルダム女子大学 現代人間学部 福祉生活デザイン学科 │ 学科からお知らせ食物学領域産官学連携活動

京都市中央市場との連携活動(市場の機能と役割についてのお話)

2019年04月17日

京都ノートルダム女子大学 福祉生活デザイン学科は、

産官学連携活動に積極的に取り組んでいます。

平成31年1月に京都市中央卸売市場と協定を結びました。

この活動の一環として、京都市中央卸売市場の

第一市場長の古井様と、第二市場の林様にお話しいただき、

市場の機能と役割を学びました。


市場のパンフ



中央卸売市場は、第一市場(水産物部、青果部、漬物、乾物、佃煮、鳥肉、鳥卵などを扱う)と、第二市場(牛、豚肉を扱う)に別れていること。

卸売市場の流通の仕組みについて、

卸売市場で取引するシステムの意味について、生産者側と消費者側の両方の立場からわかりやすく説明いただきました。

近年のネット通販の拡大や流通の多様化のため、取引量は減少傾向ということですが、

安全・安心な食の提供、生産活動の維持、物流の効率化(環境対策)などに、市場は大きな役割を果たしていることを知ることができました。



また、単に、食品の流通だけでなく、京都ブランドを世界に発信したり、

京都の食文化・食育の拠点として市民に向けてのセミナーなど

様々な活動をされているそうです。



古井様、林様、ありがとうございました。

また、京都中央卸売市場のみなさま、

これからの連携活動もどうぞよろしくお願いします。

第一市場

第二市場

  

Posted by 京都ノートルダム女子大学 現代人間学部 福祉生活デザイン学科 │ 学科からお知らせ食物学領域産官学連携活動